壁面看板

壁面看板
赤ちゃんからシニア世代まで幅広く通っていただけるアットホームな美容室です。

2012年11月26日月曜日

グラフィティ 境町    カイ美容室の壁

グラフィティ (graffiti) とはエアロゾールアート (aerosol art) ともいい、スプレーやフェルトペンなどを使い、壁などに描かれた落書きのことである。グラフィティを描く者のことを、ライター (writer) やペインター (painter) という。




歴史

1970年代にニューヨークで、スプレーやフェルトペンなどを用いて壁や電車などに落書きをすることから始まったとされる。1980年代に入り、少数のグラフィティ行為者が前衛芸術家として持て囃されるようになった。そのような傾向は、米国において以前から存在していたが、初期のキース・ヘリング[1]やジャン・ミッシェル・バスキア[2]。などにより、世に知られることとなった。この米国の落書き文化の源流としてキルロイ参上や、ギャンググラフィティが見てとれる。また、1983年に公開された映画『ワイルド・スタイル』によって初めてメディアに通され、世界中に蔓延した。