壁面看板

壁面看板
赤ちゃんからシニア世代まで幅広く通っていただけるアットホームな美容室です。

2014年10月11日土曜日

頭皮ケアの基本はシャンプーから   スキンケア大学 

頭皮ケアの基本はシャンプーから- スキンケア大学(2014年10月11日08時15分)

ボトルを何回もプッシュして、たくさんのシャンプーを手に取り、髪の毛の上にべっとりと塗り、そこでたくさん泡立てて、頭皮はかゆいところを中心に爪をたてて洗い、熱いお湯で一気に洗い流す……。

このような髪の洗い方を、ほとんど無意識にやっている人は多いかと思います。しかし実は、この爽快に見える髪の洗い方の中には、大きな罠が潜んでいるのです。なぜなら、この洗い方は、頭皮に大きな負担を与えてしまうからです。

傷ついたり弱ったりした頭皮は、髪の毛を支えられなくなるため、薄毛や抜け毛の原因となります。また、髪の毛を美しく保つためには、頭皮の隅々まで栄養が行き渡っている必要があるのですが、頭皮が弱ることでその働きがにぶると、栄養が行き渡らなくなった髪の毛はハリやコシがなくなり、ぱさつきやすくなったり、切れ毛や枝毛の原因になるのです。シャンプーは極力、頭皮に負担をかけない方法で行いましょう。

頭皮に負担をかけるシャンプーとは

では、どんなシャンプーが頭皮に負担をかけるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

・シャンプーをたくさんつけて泡立てる。

シャンプーは、泡立てれば汚れが落ちるというものでもありません。市販のシャンプーは洗浄力が強いので、少量のシャンプーでも汚れは十分落ちます。また、シャンプーには界面活性剤が入っています。界面活性剤については賛否両論ありますが、もし、洗い流しきれずに、そのようなものが頭皮に残ってしまうと、頭皮の毛穴を詰まらせる原因となりますので、どちらにせよたくさんシャンプーをつけることは禁物です。

・髪の毛に直接塗る

あくまでシャンプーは、頭皮の脂汚れをとることを目的としています。髪の毛についているのはホコリ程度なので、ブラッシングや水洗いでも十分落ちるのです。ですから、シャンプーは髪ではなく、頭皮にもみこんでいくように洗いましょう。

・爪をたてる

かゆいところに爪をたてると気持ちがいいかもしれませんが、ひょっとして頭皮にかゆみがあるのは、爪をたてて頭皮が弱り、乾燥しやすくなった結果かもしれません。爪をたててゴシゴシ洗うのは我慢をして、指の腹をつかって、マッサージするように洗いましょう。頭皮全体をおおざっぱに洗うのではなく、指を細かく動かして、小さな範囲ごとに少しずつ洗っていけば、かゆいスポットも改善されるでしょう。

熱いお湯で洗う

熱いお湯は、シャンプーを泡立てにくくするので、余分にシャンプーを使いすぎてしまうだけでなく、頭皮への刺激も大きいので、なるべくぬるま湯を使うことを意識しましょう。また、中には渇いた髪の毛にいきなりシャンプーをつける方もいらっしゃるかと思うのですが、まず洗う前はブラッシングをし、ぬるま湯でしっかり頭皮全体が濡れるまで髪を流してから、シャンプーをつけるようにしましょう。

いかがですか?ドキっとしたところはありましたか?正しいシャンプーのやり方を身に付けて、健やかな髪をはぐくんでいきましょう。

(この記事の監修:​ 西麻布ヒフ・形成外科 院長 / 藤井佳苗 先生)

2014年10月3日金曜日

境町 1000円カット 茨城県 猿島郡 

介美容室ではお子様のカット(3歳前後まで)も承ります。

飽きてしまったり泣いてしまったり、時間との勝負にもなるので簡単なカットとなる場合は料金も割引させていただきます。